夏休みプログラミングチャレンジ サンプル スクラッチでIoT

夏休みプログラミングチャレンジ サンプル として、スクラッチでIoTにチャレンジしてみました。

夏休みこんなものを作ってみませんか?

こんなものができました。(動画)

スクラッチでWiFi接続された自作ガジェットを制御しています。

*自作ガジェットは
涵養塾オリジナル ESP-WROOM-02 BrakeoutBoard に 温湿度センサー(DHT11)、フルカラーLED,ブザーを接続し、100円ショップで物色したテーブルランプ的なものに組み込みました。

スクラッチのプログラムはScratch1.4を使い、パソコンをガジェットのWiFiに接続し、”Host Mesh"に指定することで、接続されています。
この辺の詳細は、"Scratch Wiki Mesh" をご覧いただくか、涵養塾にお越しください。

スクラッチでは、温度と、湿度のグラフを表示しながら、画面の鍵盤をクリックすると、ブザーでドレミの音が鳴り、LEDがいろんな色に変化するものです。

ドレミの音は、音階(周波数)と、テンポ(一拍の長さ)と、音符(拍数)で指定しますので、岳ぐから、音楽を奏でることが可能です。